• みずき書林

『この世の景色』広告と記事掲載


10月4日(金)の読売新聞に、『この世の景色』をメインに広告を出しました。



桃井かおりさん推薦。こんな文言を載せられる日が来るとは。

マーシャル、父の戦場』の上映情報をちょっと載せています。

詳しくは『タリナイ』公式サイトをどうぞ。


10月7日(月)の同じく読売新聞夕刊に、「色あせぬ批判とユーモア」と題して、同書の紹介記事が掲載されました。




「早坂作品を支えた批判精神とともに、洒脱でユーモアあふれる人柄をしのばせる」

「胎内被曝したヒロインを描いた「夢千代日記」をはじめ、早坂作品の原点に触れた思いがする」

など、早坂先生の生涯と本をうまくまとめてくださっています。

感謝です。



最新記事

すべて表示

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.