• みずき書林

『この世の景色』関連上映会・広告・記事掲載など


早坂暁先生『この世の景色』

週刊読書人に広告を出しました。

『マーシャル、父の戦場』と合わせて。


映人社の雑誌『ドラマ』にも紹介記事が出ました。

上には、11/16に横浜で行われるシンポの情報も。先生の「春子の人形」を題材に、上映とトークイベント。

芦田愛菜さんほか、出演者や演出家が登壇します。


読売新聞愛媛版にも、先日紹介したのと同じ記事が公開されました。

Amazonレビューも⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️の高評価が付いています。


よろしく!お願いします!




最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴