• みずき書林

『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』見本出来!

沖田瑞穂著『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』、見本が出来上がりました。

カバーは通常の4色印刷に金刷を乗せるという5色仕様。 装幀画は新井文月さん。 実物は巨大な瞳がこっちを見ていて、すごいインパクトあります。 本文のレイアウトにもインド模様をあしらっていて、全3部ある部ごとにデザインがかわります。

HONZのサイトで、新井先生がご紹介くださっています。 小社では特設サイトを公開中。 また、小社のオンラインショップからは、ほかに先行して発売開始しています。 いまご注文をいただくと、装幀画のポストカードを同封します。 また、オンラインで買ってくださった方にはいつも「みずき書林通信」というペーパーを同封しているのですが、今回は沖田瑞穂特集。 『世界の神話』『マハーバーラタ入門』『怖い女』など、沖田先生著のこれまでのご著書を紹介してみました。 本書とあわせて、沖田ワールドをまとめ読みしてみてはいかがでしょうか。

小社の記念すべき10冊目のアイテムとなります。 よろしくお願いいたします!

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴