• みずき書林

いかアサ速報⑨――山田南平先生ラフ、色がつく!


年内最後の(?)いかアサ情報。

前回に引き続き、山田南平先生のイラスト制作過程をご紹介します。



前回につづきお送りいただいたのが、以下のスケッチ。

一気にディティールが立ち上がってきます。


まずアーサー王とグウィネヴィアの表情が、一気に完成品に近づきます。

細かいメモにも注目です(奴がいる……)。






ランスロットは、腕の動きが完成品に近づくとともに、表情の繊細な描きわけをご検討いただいています。

そしてガウェインは、緑の帯は決定ですが、この段階ではまだ甲冑をまとっていません。

そして!この時点で着色がはじまります!


完成版では、緑・赤・白銀とカラーリングにも特徴が出ていますが、この段階では、みんなが赤いマントをまとうイメージだったのですね。



来年はいよいよ刊行の年です!

目下、デザイナーさんにイラストデータを渡して、装丁デザインを制作中です。

同時に、関連グッズも制作中……。

本より先に、おまけグッズが出来上がります!!


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴