• みずき書林

『いかアサ』速報①――正式タイトル決定


来年3月に刊行予定のアーサー王企画、書名を決めました!


『いかにしてアーサー王は日本で受容されサブカルチャー界に君臨したか

――変容する中世騎士道物語』


この春に立ち上げた公式Twitterでは『女体化するアーサー!?』というワーキングタイトルで走っていました。

このタイトルも一部では熱烈な支持をいただいていたのですが、やはりちょっと一回落ち着こうということになり(笑)。


新タイトルは、ご覧のとおりキャクストン版などへのオマージュです。

編者の小宮先生と岡本先生の苦心の賜物。

How the Noble Kynge Arthure was accepted in Japan and became emperoure of Subculture.

を翻訳したようなイメージですね。


「アーサー王」「日本」「サブカルチャー」というキーワードがきちんと入っていますし、ファンにとってはおなじみの文体でキャッチーでもあり、かなり気に入っています。

サブタイトルは「中世騎士道物語」という、より包括的な用語をとりいれつつ、メインがエモいぶんクールにしました(メインとサブが逆じゃないか、というツッコミが聞こえる……)。


略称は『いかアサ』、英語だと『ハウアサ』にしようと、そこまで自分たちで決めてしまう周到さよ。

(なお、以上のプロセスはすべて、FBのメッセンジャー機能を使って、編者のおふたりとの円卓会議で行われました)


以降、刊行に向けてちょいちょい途中経過を公開していきます!


あ。

公式Twitterの名前も変更しておかないと……。


最新記事

すべて表示

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

初心

次の本の入稿作業。 もう何度も見なおしているゲラなのに。 今頃になって。 前付の台割に修正が生じる。 目次と章題の表記が違っていることに気づく。 いずれも軽微というか――組版担当の方にご面倒をおかけしたものの――対応可能な修正ではあったが。 しかし今の今まで見落としていたことに、われながらうんざりする。 この本がISBNを付した市場流通本としては10冊目で、そろそろ油断が出るころかもしれない。 前

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.