• みずき書林

マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣


沖田瑞穂先生との新企画、タイトルを決めました。

刊行までまだ間があるので、いちおう(仮)をつけていますが、


マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣(仮)


となります!

マハーバーラタを、あるいはインド=ヨーロッパ系の神話を読み解くときに重要な三機能をタイトルに冠しました。

サブタイトルはなし。シンプルに、力強くいきます。



体裁は、A5判上製・カバー装・縦書・約300頁。

刊行は2020年5月のGW明け刊行予定。

全体は大きく2部構成にして、論考部分と人名・神名事典に分かれます。


論考部分の引用を読みやすくするために、あるいは論考と事典を有機的につなげるために、いくつかレイアウト上の細かい工夫もしたいと思います。


あとは本作り一番のお楽しみ要素、装丁デザインも強力なものになるように、画策中。

まだ言えないけれど、面白いものになると思います。


なお、沖田先生の今後の予定をうかがったら、ちょっと引くレベルの多忙さでした。

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴