top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣


沖田瑞穂先生との新企画、タイトルを決めました。

刊行までまだ間があるので、いちおう(仮)をつけていますが、


マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣(仮)


となります!

マハーバーラタを、あるいはインド=ヨーロッパ系の神話を読み解くときに重要な三機能をタイトルに冠しました。

サブタイトルはなし。シンプルに、力強くいきます。



体裁は、A5判上製・カバー装・縦書・約300頁。

刊行は2020年5月のGW明け刊行予定。

全体は大きく2部構成にして、論考部分と人名・神名事典に分かれます。


論考部分の引用を読みやすくするために、あるいは論考と事典を有機的につなげるために、いくつかレイアウト上の細かい工夫もしたいと思います。


あとは本作り一番のお楽しみ要素、装丁デザインも強力なものになるように、画策中。

まだ言えないけれど、面白いものになると思います。


なお、沖田先生の今後の予定をうかがったら、ちょっと引くレベルの多忙さでした。

最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comentários


bottom of page