• みずき書林

今年の刊行書籍


今年は6点の書籍を刊行しました。


なぜ戦争をえがくのか――戦争を知らない表現者たちの歴史実践

大川史織 編著


なぜ戦争体験を継承するのか――ポスト体験時代の歴史実践

蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴 編


沖縄-奄美の境界変動と人の移動――実業家・重田辰弥の生活史

野入直美 著


戦争社会学研究 第5巻――計量歴史社会学からみる戦争

戦争社会学研究会 編


緊急事態 TOKYO 1964――聖火台へのカウントダウン

夫馬信一 著


母と暮せば

畑澤聖悟 著


そのほか、『なぜ戦争をえがくのか』に関わって、ジュンク堂池袋とB&Bでオンライントークイベントを2回、森岡書店さんと今野書店さんでフェア。


『母と暮せば』の取材で、畑澤さんと山田洋次監督のトークに立ち会えたのも楽しかった。


11月には荻田泰永さんの冒険研究所書店でトークイベントに、諏訪敦さん、大川史織さん、松本智秋さんと登壇したのもいい経験でした。

(その後のスッポン打ち上げ会も含めて(笑))


2022年は早々に新刊『旅をひとさじ』も刊行。1月7日に全数出来。縁起のいい初荷です。

最新記事

すべて表示

6月26日(日) 目下進行中の日記にかかわる単行本企画、2度目の研究会兼編集会議。 1530より明治学院大学にてハイブリッド。 対面参加者は田中さん、河内さん、大川さん、僕。 オンラインでは島さん、宋さん、小澤さん、中野さん。 それぞれがこの一カ月で調査してきた日記のプレゼン。 僕は伊藤整、高見順、堀田善衛、高松宮、木戸幸一の日記を調べた。 これらのメジャーな日記は、他の方々が調査した庶民や無名の