• みずき書林

欲深き善人たちの地獄――コミケ体験記(下)

(前回のつづき)


あまり暑いので、着替えを持参していた。

いざとなったらシャツだけでも着替えれば、気分転換になるだろうと思ったのだ。

なんせこの暑さなのでこれはなかなかよい考えで、僕は昼過ぎの休憩時に、一度服を変えようと思った。

ところが、あらゆるトイレには「着替え禁止!!」という張り紙がしてある。

そしてわざわざ、展示場とは別の棟に更衣室が用意されている。

トイレで着替えると混雑するから、そのための措置なんだろうな。と主催者の蓄積してきたノウハウに感心しつつ、僕は更衣室のある別棟に向った。

男子更衣室に向うまでには、すごく長いエスカレーターを上がる必要がある。

そのエスカレーターを登っていく人たちは、僕のように普通の格好をしている人びとである。

ところが、入れ違いに降りてくる人たちは、みな一様に異様な格好をしている。

麦藁帽をかぶり、素肌に赤いベストを着用している者。サングラスにアロハシャツ、ハゲヅラと白い付け髭をして亀の甲羅を背負っている者。超ミニのセーラー服を着て金髪のツインテールのかつらをつけた者。鎧兜の者。軍服の者。体操着の者。そんな風体の者たちが陸続とエスカレーターを降りてくる。

僕はやっと、トイレで着替え禁止の意味と、更衣室の意味に気づいた。


更衣室はコスプレのみなさん用の設備であって、暑いから着替えたいという人のための場所ではないのでは?

おそるおそる更衣室に入ると、案の定である。

200人くらい入れそうなだだっ広い部屋は、男子更衣室ということもあってか、仕切りも何もない。たんなる広い会議室みたいな場所である。

そこで思い思いの衣装に着替えて、真剣な表情で化粧をしている、無数のコスプレイヤーの皆さま。

僕はこそこそと部屋の隅に行き、白いシャツを脱ぐ。ウェットシートで汗をぬぐい、タオルで体を拭き、冷却スプレーをして、黒いシャツを着る。隣では僕より年上のおっさんがセーラームーンに変身中である。僕だけが普通→普通へと着替えをすませ、そそくさと更衣室を後にしたのであった。



終ったのは午後4時。

終了のアナウンスが告げられた瞬間、会場全体が大き拍手に包まれたのは、なかなか壮観である。

両隣のブースの人たちとお疲れさまと声をかけあって、それぞれ別れていく。

もちろん、こういうときの日本人の美徳。ごみはすべて持ち帰るなり所定の場所に捨てるなりして、余計なものはなにひとつ残さない。

このコミケという文化を、参加者全員が盛り立てて続けていこうという意識が、そこここに見えた気がした。

決められたことはさっさと守ったほうが、お互いのためにいい。みんなが己の欲望のことしか考えていないのだから。

地獄のデパ地下は、きっとこんな欲望の熱気が渦巻いているのだろう。



まあ、なにもこんな暑いさなかにしなくてもいいだろうにとは思うが、とはいえ貴重な体験だった。

帰宅してシャワーを浴びて飲んだビールがうまいったらない。



お誘いいただいた音食紀行の遠藤さん、どうもありがとうございました。

おかげさまで、とても興味深く楽しい経験ができました。



最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生