• みずき書林

週末のお仕事いろいろ


金曜日は、ずっとご相談している企画の著者に、久しぶりにお目にかかる。

その先生がずっと取材している方の事務所で。

その方は、奄美にルーツがあり、満洲で生まれ、戦後は沖縄へ移住し、大学入学とともに東京へ。実業界で名を成して今に至る、という方。

ビジネスマンとしての成功体験と、戦中・戦後の移動というふたつの語り口を持つ人です。

僕たちが作ろうとしているのは、後者のテーマ。

移動とアイデンティティ、戦後社会のかかわりについて。



昨日は某大学の懇親会。

かつて仕事をした先生方に何人かお目にかかりました。

新しく知り合った方も幾人か。

いろいろやっているうちに、もう7月。本腰入れて秋からの準備をしないと。



今日はこれから打ち合わせ。

某映画監督の墓参ののち、事務所で書籍掲載用のスチール写真を拝見するという、ファンにはたまらないお仕事。

ぼちぼち準備して外出せな。



最新記事

すべて表示

『なぜ戦争体験を継承するのか』書評&オンラインシンポ

昨日5月9日の北海道新聞朝刊に、 『なぜ戦争体験を継承するのか』 の書評が掲載されました! こちらから全文を読むことができます。 評者は武蔵大学の永田浩三先生。 この価格帯の本を一般紙の書評欄に取り上げるのは、なかなか簡単ではなかったかもしれません。 ありがとうございました! * 同書は、7月11日(日)にオンラインシンポジウムが開催される予定です。 先日のウェビナーに続く第2段で、今回は、吉田裕