• みずき書林

今週は、

今週は、

見本が2冊完成。

次の1冊を印刷所に入稿。


火曜日に出来立ての『緊急事態TOKYO1964』をもって、著者の夫馬さんと会う。

「見本が出来たときって、さも慣れっこみたいな顔してるけど、実はいつまでたっても興奮するし、早くひとりで本を眺めたいと思っている」

その気持ち、わかる。

ひとり出版社は本が出来たときに、思う存分ひとりでにやにやできるからいい。


水曜はその本の見本出しで八木書店さんへ。新刊をもって八木さんに行くときは、なぜかだいたいいつも雨。

さらに装丁を担当してくれたデザイナーさんにも会う。

次なる企画について。


金曜。久しぶりに著者の先生と会う。

打ち合わせもありつつ、お互い息抜きという感じ。

たまには人と会わないとね。本来なら一杯やるところですけどね。なんて言いながら3時間ほど。

17時過ぎに今野書店さんに回ってから帰宅。


その間に授業準備。

大学当局からお達しがあり、次々回から地獄のハイブリッドに戻ることになった。

講義・グループワーク・発表といろんな形式がある授業をしているので、ハイブリッドは正直一番やりづらい。

もう終盤だというのに、またやりかたを考えないと。


さらに合間に、某企画で必要なスケッチを描く。

とにかく何でもいいから思いついたアイデアをすべて書き出し、共有フォルダに放り込むという作業を1週間続けている。

今夜オンラインミーティング。


ごはんはたこ焼きとか手巻き寿司とか、ヘンなものばかり作った。


バタバタしているうち、近所のツバメは巣立ったらしい。これは1週間前。尻を寄せ合ってひしめき合ってたころ。

最新記事

すべて表示

素敵な大人とは

前期の授業最終日。 いつもはわりと周到に準備をして、何を喋るかもざっと原稿を作って望むのだけど、最後の30分は完全にフリースタイルで。 案の定、フリースタイルで喋ったから、うまく伝えられなったのだけど。 あえて断言しますが、学部の大学生活にとって、授業なんて1割か2割程度の重要度しかありません。 ほかの8~9割は、たとえばサークル活動をしたりバイトをしたり、友だちと徹夜で無意味な議論をしたり酒を飲