• みずき書林

12/8

慌ただしくなってきた。

ぜんぜんブログにまで手が回らない。

6日も空いたのは、この3年間で初めてかもしれない。

(ほんとはこの間にあるテキストをアップしたんだけど、翌朝読み直してみて取り下げた。読んでほしい相手にだけ、個人的に送った。Good Luck)


書きたいことはたくさんある。

昨日の講義がとても面白かったこと。

ZINEの1号と2号がいよいよ在庫僅少になってること。

本のチラシを作ったのでそれもアップしたい。

やることは何かとあるけど、来年のことはなにもわからないこと。だからいいなと思えること。


しかしまあ、ひっさしぶりにばたばたと忙しい感じ。


そういえば今日は12月8日だ。

41年、真珠湾攻撃。

80年、ジョンの命日。


六本木のダブル・ファンタジー展、いかないと。


もうこんな時間か。

『Walls and Bridges』でも聞きながらビールでも飲むか。

忙しいけど、飲む。

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴