• みずき書林

料理。


3日分のブログを一気にアップ。

長崎から帰宅し、23日は妹夫婦を招いてちょっとしたホームパーティ。


料理を作り、酒を飲み、遅くまで喋り、気づけば疲労困憊である。

でも楽しかったなあ。

ごはんを作って誰かに喜んでもらえるのは、嬉しい。


前菜。サラミ、ブロッコリーのガーリックソテー、トマトサラダ・バルサミコソース、湯煎でつくるスクランブルエッグ。

プリモ。スパゲッティ・茄子とバジルのトマトクリーム。


セコンド1。牛モモ肉の赤ワイン煮。


セコンド2。ポークロースト・枝豆とトウモロコシを添えて。付け合わせは夏の名残。

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴