• みずき書林

86

ニューヨークタイムズに寄稿された小川洋子の文章


#もし75年前にSNSがあったら という一連のtweet


「なぜ平和教育は陳腐化するのか」と題された今野日出晴先生の取材記事


読売新聞に載った早坂先生の記事(図版参照)。



今日一日、ざわざわと心が揺れたもの。

備忘録として。



また、山陽新聞のサイトでは、連載されていた高畑勲さんの記事が読めます。

岡山で開催中の「高畑勲展」の企画。



月末刊行の「ユリイカ」の大林宣彦特集では、その高畑勲さんとの対談が再録されるとのこと。

(そして近刊『近頃なぜか岡本喜八』編者の山本昭宏さんも論考を寄せています)








最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン