• みずき書林

DPZ、FF12、喜八


デイリーポータルZに藤岡みなみさんが!

DPZはもうかれこれ10年以上見ているのだろうか。

「腐りかけがウマいってほんとうですか」とか、でかいタバコの箱を作って、それを添えて写真を撮ると何もかも小さく見えるとか、納豆を一万回混ぜるとか。

そういえばライフネット生命社長時代の出口さんが登場し、「加入する生命保険を鳩に決めさせる」という企画もありました。

このサイト嫌いなネット民はいないだろうな。

ともあれ、林雄司氏と藤岡さんが同居するリモート画面を見る日がこようとは。

(2019年夏。の手伝いでコミケに初参加した僕は会場で林氏を目撃し、お~!やっぱりこういうところにいるんだ~と興奮して、うっとりとその後姿を見送ったことがあります)

記事の中で、藤岡さんはずっと笑っています。



今日は午後からオンライン取材。

詳細はまだ言えませんが、僕はファイナルファンタジーシリーズのなかでは「12」をとりわけ偏愛していて、何度も何度も繰り返しプレイしています。12があればそれ以降のタイトルはなくてもいいくらいに思っています。

そんな僕にとって、そして『伝説のオウガバトル』がきっかけで研究者になった編者(そういう人もいる)にとって、とても楽しい神回でした。

オンライン取材にもかかわらず鎖帷子Tシャツと甲冑のお面で登場した編者もまた、ずっと笑っていました。



明日は岡本喜八の誕生日。

喜八事務所の主催のオンラインイベント、

岡本喜八 誕生祭~大宴会・近頃なぜかチャールストン編

が開催されます。

ちょっと顔を出して、『近頃なぜか岡本喜八』を紹介しつつ、岡本家のみなさまの貴重な話を伺う予定です。

喜八映画にも出演している娘さんはテンション高い方なのですが、きっとずっと笑っていることでしょう。



新刊の関連イベントもいろいろあって、それらもどんどん告知したいと思います。


明日は決算のための打ち合わせもあります(これはたぶん僕は笑ってない……)

そしてものすごい勢いで事務仕事が溜まっているのに、時間が全然足りない。


最新記事

すべて表示

素敵な大人とは

前期の授業最終日。 いつもはわりと周到に準備をして、何を喋るかもざっと原稿を作って望むのだけど、最後の30分は完全にフリースタイルで。 案の定、フリースタイルで喋ったから、うまく伝えられなったのだけど。 あえて断言しますが、学部の大学生活にとって、授業なんて1割か2割程度の重要度しかありません。 ほかの8~9割は、たとえばサークル活動をしたりバイトをしたり、友だちと徹夜で無意味な議論をしたり酒を飲