• みずき書林

Galette des Rois


ガレット・デ・ロワというお菓子があります。



日本ではまだそこまでメジャーではないと思いますが、なかなか楽しいパイです。

キリスト教の公現節(ようするに東方の三博士の来貢とイエスの受洗を記念する日)の祝い菓子で、その日が1月6日であることから、新年のお祝いも兼ねているようです。

パイの中には、フェーブと呼ばれる陶製の人形がひとつ入っています。

それを当てたひとは王冠を被り(ケーキ屋では王冠もセットになっています)、皆の祝福を受けます。


で、僕は今年、家族6人のなかで見事フェーブを引き当てました!

手に持っている小さな人形がそれです(なぜか亀のかたちだった)。



フェーブを当てた人の幸運は一年間続くとのこと。

大吉を引き当てたようなものですね。

というわけで、みずき書林の今年一年の運勢は上々。だと思います!!

たのむぜフェーブ!!


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン