• みずき書林

GW中に読もうと思っている本


①マーカス・デュ・ソートイ『地の果てへの旅』(新潮社)

以前に読書会で山本貴光先生が薦めていた本。

すごく面白そうだけど500頁超。読むなら長期休みの今しかない。


②高畑勲『君が戦争を欲しないならば』(岩波書店)

岡山空襲について語られています。

次の企画のためにも再読しておきたい。こちらは60頁。……読める。


③笠井瑠美子ほか『本を贈る』(三輪舎)

トランスビュー協働社の三輪車さんの本。

ずっと気になっていたけど読めていなかった。

これも今後の仕事の参考図書として。


④辻原登・永田和宏・長谷川櫂『歌仙はすごい』(中央公論新社)

歌仙はずっと気になっている。

むかし家族で遊びで歌仙を巻いたことがあるが、とても楽しかった。

だれか一緒にやらないか?



はたして何冊読めるか?

本当は、

⑤沖田瑞穂『マハーバーラタ入門』(勉誠出版)

も読みたいけど、連休中に届くかな。




最新記事

すべて表示

ダンス・ダンス・ダンス

僕らのまわりにある大抵のものは僕らの移動にあわせてみんないつか消えていく。それはどうしようもないことなんだ。消えるべき時がくれば消える。そして消える時が来るまでは消えないんだよ。たとえば君は成長していく。あと二年もしたら、その素敵なワンピースだってサイズがあわなくなる。トーキング・ヘッズも古臭く感じるようになるかもしれない。――『ダンス・ダンス・ダンス』 なんやかんやと言われますが、村上春樹が好き

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.