• みずき書林

GW中に読もうと思っている本


①マーカス・デュ・ソートイ『地の果てへの旅』(新潮社)

以前に読書会で山本貴光先生が薦めていた本。

すごく面白そうだけど500頁超。読むなら長期休みの今しかない。


②高畑勲『君が戦争を欲しないならば』(岩波書店)

岡山空襲について語られています。

次の企画のためにも再読しておきたい。こちらは60頁。……読める。


③笠井瑠美子ほか『本を贈る』(三輪舎)

トランスビュー協働社の三輪車さんの本。

ずっと気になっていたけど読めていなかった。

これも今後の仕事の参考図書として。


④辻原登・永田和宏・長谷川櫂『歌仙はすごい』(中央公論新社)

歌仙はずっと気になっている。

むかし家族で遊びで歌仙を巻いたことがあるが、とても楽しかった。

だれか一緒にやらないか?



はたして何冊読めるか?

本当は、

⑤沖田瑞穂『マハーバーラタ入門』(勉誠出版)

も読みたいけど、連休中に届くかな。




最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.