• みずき書林

Happy Birthday, Maestro



最新記事

すべて表示

この2カ月の幸福/不幸

自分ががんだという告知を受けてから、2か月余りが経ちました。 この間、自分は不幸であったか。と問うならば、そうではなかったと思うのです。 むしろ、幸福であったと言ってみたい気持ちすらあります。 もちろん、痛みや苦しみを感じている瞬間は、そんなふうに思う余裕はありません。 毎日薬を飲まなくてはいけなくて、化学療法のあと数日間は気分や体調がすぐれないサイクルが必ずやってくるというのも、喜ばしい状態では