top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

I really don't know life at all

一月ばかり前。

歌舞伎町の中華料理屋青葉にみんなで集まりました。

そのときに大川さんと見元さんが『coda あいのうた』の話をしていました。


遅ればせながら、今日観ました。


青葉で集まる直前、僕はそこそこ長い間入院していて、病室でマーヴィン・ゲイを聴いていたのでした。

『coda』の合唱クラブの練習は「Let's get it on」から始まります。

そして僕が病室で繰り返し聴いたマーヴィン・ゲイとタミー・テレルのデュエットアルバムから「You're all I need to get by」が重要な曲として作中に登場します。


そして極めつけはジョニ・ミッチェルの「Both sides now」です。

この曲は昔からほんとうに大好きな曲で、非常に優れた歌詞を持っています。

僕が知る限り、ポップミュージック史上もっとも美しい歌詞のひとつだと思っています。


昨日「ニンゲンラジオ」で25年来の友人であるひさしと話をしました。

「外部からやってくる物事に対して、自分の内部が接続されたときに感動が生じる」という話をしたのですが、まさにそういう経験でした。

青葉での会話。ずっと聴いてきた名曲。病床で聴いていた音楽。そういったものがなくても、『coda』は間違いなく名画です(アカデミー賞作品賞受賞作だし)。

でも、個人的な内面と接続されたことで、僕にとってはいっそう味わい深い作品になりました。


*


個人的な接続についてもうひとつ。

ほんとうは、誰かに何かをいただいたとか、そんな話はあまり書くべきことではないのかもしれません。

しかし、この写真を見てください。


入院中に、僕はマーヴィン・ゲイ&タミー・テレルについてこんな記事を書いていました。

そして退院直後に、ある社会学者の先生方と打ち合わせをしたのです。

そのときに、ある方がお土産にこのLPをくださったのです。

(featuringの1曲目に「You're all I need to get by」がありますね)

その粋なお心遣いがありがたくて、嬉しくなりました。


そんなことも『coda』をみて涙するのに一役買っています。

(最近の僕はすぐ泣きます)



我々の人生には、当人にしかわからない小さな伏線がたくさん張られていて、それに気づくことが人生を豊かにしてくれるのかもしれません。

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

bottom of page