• みずき書林

I really don't know life at all

一月ばかり前。

歌舞伎町の中華料理屋青葉にみんなで集まりました。

そのときに大川さんと見元さんが『coda あいのうた』の話をしていました。


遅ればせながら、今日観ました。


青葉で集まる直前、僕はそこそこ長い間入院していて、病室でマーヴィン・ゲイを聴いていたのでした。

『coda』の合唱クラブの練習は「Let's get it on」から始まります。

そして僕が病室で繰り返し聴いたマーヴィン・ゲイとタミー・テレルのデュエットアルバムから「You're all I need to get by」が重要な曲として作中に登場します。


そして極めつけはジョニ・ミッチェルの「Both sides now」です。

この曲は昔からほんとうに大好きな曲で、非常に優れた歌詞を持っています。

僕が知る限り、ポップミュージック史上もっとも美しい歌詞のひとつだと思っています。


昨日「ニンゲンラジオ」で25年来の友人であるひさしと話をしました。

「外部からやってくる物事に対して、自分の内部が接続されたときに感動が生じる」という話をしたのですが、まさにそういう経験でした。

青葉での会話。ずっと聴いてきた名曲。病床で聴いていた音楽。そういったものがなくても、『coda』は間違いなく名画です(アカデミー賞作品賞受賞作だし)。

でも、個人的な内面と接続されたことで、僕にとってはいっそう味わい深い作品になりました。


*


個人的な接続についてもうひとつ。

ほんとうは、誰かに何かをいただいたとか、そんな話はあまり書くべきことではないのかもしれません。

しかし、この写真を見てください。


入院中に、僕はマーヴィン・ゲイ&タミー・テレルについてこんな記事を書いていました。

そして退院直後に、ある社会学者の先生方と打ち合わせをしたのです。

そのときに、ある方がお土産にこのLPをくださったのです。

(featuringの1曲目に「You're all I need to get by」がありますね)

その粋なお心遣いがありがたくて、嬉しくなりました。


そんなことも『coda』をみて涙するのに一役買っています。

(最近の僕はすぐ泣きます)



我々の人生には、当人にしかわからない小さな伏線がたくさん張られていて、それに気づくことが人生を豊かにしてくれるのかもしれません。

最新記事

すべて表示

1週間前、退院。 自宅はすっかり在宅療養仕様。 介護ベッド。 手すり付きのトイレ。 ここをイメージしながら、最後のラスボスとの戦いをイメージする。

こんなにもエントリーの間が空いたことはなく、ご心配とご迷惑をおかけしています。 毎日同じように布団の中で眠っているだけです。だけど今後の治療の大きな方針も立ちました。 まだまだがんばります。 先月先月21-から23日今月まだ、しかかけない。

木曜にケモ。 金曜に4回目ワクチン(オミクロン対応)。 ワクチンの副反応で38度超えの熱が出て、そこに抗がん剤の副作用の倦怠感と吐き気が重なって、かなり辛い。 この週末はずっと病臥。 熱が高いから、文字通りずっとこんこんと眠ってるだけ。20本立てくらいの悪夢を見る。 大事な食事会でポークローストを無惨に焦がしたり、友人たちと丘の上から巨大なキノコ雲を眺めたり、そういった類の大小の悪夢を次々と。 食