• みずき書林

Nobody expects


来年の企画について、1日のうちに3つも、立て続けに新しい動きがあった日でした。

メール上で大事なやりとりがスタートしたのがひとつめ、内容を大きく左右するであろう面談の日取りが決まったのがふたつめ、興味深い企画が芽を出しそうになったのが3つめ。

さらに出版企画ではなくて、全然別の手伝い的な案件だけど、人に会う約束をとりつけたのが4つめ。

つまり4つだ。


どれもこれもまだ詳しくは書けませんが、同時多発的にいろんな動きが生じるのはいいものですね。

しかも、これらの3つ……4つは、ゆるやかにつながっていきそうです。

内容的にはもちろんそれぞれに別のものですが、淡く、ときに強く関係しあいそうな気がしています。

どんなふうに関係するかというと、アーサー・ビナードさんの本を読みながら、アーサー王の本も読む、という感じ(笑)。


またヘンな本出して、と言われるのが来年の目標です。


アーサーの本

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴