top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

Nobody expects


来年の企画について、1日のうちに3つも、立て続けに新しい動きがあった日でした。

メール上で大事なやりとりがスタートしたのがひとつめ、内容を大きく左右するであろう面談の日取りが決まったのがふたつめ、興味深い企画が芽を出しそうになったのが3つめ。

さらに出版企画ではなくて、全然別の手伝い的な案件だけど、人に会う約束をとりつけたのが4つめ。

つまり4つだ。


どれもこれもまだ詳しくは書けませんが、同時多発的にいろんな動きが生じるのはいいものですね。

しかも、これらの3つ……4つは、ゆるやかにつながっていきそうです。

内容的にはもちろんそれぞれに別のものですが、淡く、ときに強く関係しあいそうな気がしています。

どんなふうに関係するかというと、アーサー・ビナードさんの本を読みながら、アーサー王の本も読む、という感じ(笑)。


またヘンな本出して、と言われるのが来年の目標です。


アーサーの本

最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

Комментарии


bottom of page