• みずき書林

online, online

新刊の白焼きチェック、発注書の制作、電子化の手配、秋開催のオンライン商談会の準備、授業の準備などをやっているうちに、あっという間に一日が終わる。

今週末、来週末にオンライン研究会がひとつずつ、再来週からは毎週月曜がオンライン授業。9、10、11、12月と、それぞれ新しい本が1点ずつ。



忙しいのは全然いいのだが、しかし。


今年はずっとこんなことばっかり思っている。

最新記事

すべて表示

ひとつずつ

朗報がひとつ。 気になる文章がひとつ。 気遣いが嬉しいメールがひとつ。 生きているというのは、ときにひどく切ないねぇ。 我々はみんな、最後の日までは生きている。 その翌日からは、いい思い出と寂しさを残していく。 だからそれまでは、いままでどおり、楽しく笑って会話をしながら――ときどきちょっと涙ぐんだりしながら――やっていこう。みんなで。