• みずき書林

Unfaithful Music

やっぱり紙の本はいい。


最近は仕事絡みの本ばかり読んでいたけれど、今日は仕事とは絶対につながらないフィジカル本を買いました。


『エルヴィス・コステロ自伝』(亜紀書房、2021年1月)


2段組776頁の大著。

表1と背はモノクロで、表4が4C。

見返しに写真がたくさん。

目次のレイアウトもかっこいい。

気合を入れて作られた本であることがわかります。



はじめて買ったアルバムは、『All This Useless Beauty』(1996年)。

かつて池袋でライブに行って、アンコールで「Couldn't Call It Unexpected No. 4 」を、マイクを通さないで地声でアカペラで歌い、その声が2階の奥にいた僕のところまで朗々と響いてきたのを今でも覚えています。


コステロは、ジョン&ポール、アンディ・パートリッジ(XTC)と並んで、生涯の3大ロックミュージシャンです。


この週末は何の予定もないから、コステロのアルバムを流しながら、読書に勤しみましょう。


こんな年寄りになりたい。

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴