top of page
  • みずき書林

Unfaithful Music

やっぱり紙の本はいい。


最近は仕事絡みの本ばかり読んでいたけれど、今日は仕事とは絶対につながらないフィジカル本を買いました。


『エルヴィス・コステロ自伝』(亜紀書房、2021年1月)


2段組776頁の大著。

表1と背はモノクロで、表4が4C。

見返しに写真がたくさん。

目次のレイアウトもかっこいい。

気合を入れて作られた本であることがわかります。



はじめて買ったアルバムは、『All This Useless Beauty』(1996年)。

かつて池袋でライブに行って、アンコールで「Couldn't Call It Unexpected No. 4 」を、マイクを通さないで地声でアカペラで歌い、その声が2階の奥にいた僕のところまで朗々と響いてきたのを今でも覚えています。


コステロは、ジョン&ポール、アンディ・パートリッジ(XTC)と並んで、生涯の3大ロックミュージシャンです。


この週末は何の予定もないから、コステロのアルバムを流しながら、読書に勤しみましょう。


こんな年寄りになりたい。

最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

bottom of page