top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

Unfaithful Music

やっぱり紙の本はいい。


最近は仕事絡みの本ばかり読んでいたけれど、今日は仕事とは絶対につながらないフィジカル本を買いました。


『エルヴィス・コステロ自伝』(亜紀書房、2021年1月)


2段組776頁の大著。

表1と背はモノクロで、表4が4C。

見返しに写真がたくさん。

目次のレイアウトもかっこいい。

気合を入れて作られた本であることがわかります。



はじめて買ったアルバムは、『All This Useless Beauty』(1996年)。

かつて池袋でライブに行って、アンコールで「Couldn't Call It Unexpected No. 4 」を、マイクを通さないで地声でアカペラで歌い、その声が2階の奥にいた僕のところまで朗々と響いてきたのを今でも覚えています。


コステロは、ジョン&ポール、アンディ・パートリッジ(XTC)と並んで、生涯の3大ロックミュージシャンです。


この週末は何の予定もないから、コステロのアルバムを流しながら、読書に勤しみましょう。


こんな年寄りになりたい。

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page