• みずき書林

牛肉のビール煮込み


銀行に行く用事があって外出したら、ものすごい豪雨。

傘もほとんど役に立たない。

びしょ濡れになりながら用事を済ませて帰宅。


午後からは、仕事場にしている部屋ではなく、リビングで仕事。

ダイニングテーブルにパソコンを持ってきて、諸々の要件を済ませていきます。


仕事をしながら、キッチンで牛肉のビール煮込みを作ります。

じわじわと時間をかけて飴色に炒めた玉ねぎ(早坂先生の奥様にいただいた淡路島産)にビール(組版の江尻さんにいただいたハートランド)を一気に注ぎ、塩コショウをして焼色をつけた牛肉1キロ近くを投入。にんにくと、コンソメスープも投入。

砂糖と酢を焦げ茶色になるまで煮詰めたカラメルソースも注ぎ入れます。

あとはひたすら弱火で煮込む。煮込む。



急ぎで済ませるべき仕事を片付ける視界の端には、ぽこぽこと煮立っている鍋があります。

4時間くらい煮込んで、ひとまず完成。


僕が仕事をして、そのわきで時間が料理をする。よいものですね。





最新記事

すべて表示

素敵な大人とは

前期の授業最終日。 いつもはわりと周到に準備をして、何を喋るかもざっと原稿を作って望むのだけど、最後の30分は完全にフリースタイルで。 案の定、フリースタイルで喋ったから、うまく伝えられなったのだけど。 あえて断言しますが、学部の大学生活にとって、授業なんて1割か2割程度の重要度しかありません。 ほかの8~9割は、たとえばサークル活動をしたりバイトをしたり、友だちと徹夜で無意味な議論をしたり酒を飲