• みずき書林

牛肉のビール煮込み


銀行に行く用事があって外出したら、ものすごい豪雨。

傘もほとんど役に立たない。

びしょ濡れになりながら用事を済ませて帰宅。


午後からは、仕事場にしている部屋ではなく、リビングで仕事。

ダイニングテーブルにパソコンを持ってきて、諸々の要件を済ませていきます。


仕事をしながら、キッチンで牛肉のビール煮込みを作ります。

じわじわと時間をかけて飴色に炒めた玉ねぎ(早坂先生の奥様にいただいた淡路島産)にビール(組版の江尻さんにいただいたハートランド)を一気に注ぎ、塩コショウをして焼色をつけた牛肉1キロ近くを投入。にんにくと、コンソメスープも投入。

砂糖と酢を焦げ茶色になるまで煮詰めたカラメルソースも注ぎ入れます。

あとはひたすら弱火で煮込む。煮込む。



急ぎで済ませるべき仕事を片付ける視界の端には、ぽこぽこと煮立っている鍋があります。

4時間くらい煮込んで、ひとまず完成。


僕が仕事をして、そのわきで時間が料理をする。よいものですね。





最新記事

すべて表示

DPZ、FF12、喜八

デイリーポータルZに藤岡みなみさんが! DPZはもうかれこれ10年以上見ているのだろうか。 「腐りかけがウマいってほんとうですか」とか、でかいタバコの箱を作って、それを添えて写真を撮ると何もかも小さく見えるとか、納豆を一万回混ぜるとか。 そういえばライフネット生命社長時代の出口さんが登場し、「加入する生命保険を鳩に決めさせる」という企画もありました。 このサイト嫌いなネット民はいないだろうな。 と

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.