• みずき書林

牛肉のビール煮込み


銀行に行く用事があって外出したら、ものすごい豪雨。

傘もほとんど役に立たない。

びしょ濡れになりながら用事を済ませて帰宅。


午後からは、仕事場にしている部屋ではなく、リビングで仕事。

ダイニングテーブルにパソコンを持ってきて、諸々の要件を済ませていきます。


仕事をしながら、キッチンで牛肉のビール煮込みを作ります。

じわじわと時間をかけて飴色に炒めた玉ねぎ(早坂先生の奥様にいただいた淡路島産)にビール(組版の江尻さんにいただいたハートランド)を一気に注ぎ、塩コショウをして焼色をつけた牛肉1キロ近くを投入。にんにくと、コンソメスープも投入。

砂糖と酢を焦げ茶色になるまで煮詰めたカラメルソースも注ぎ入れます。

あとはひたすら弱火で煮込む。煮込む。



急ぎで済ませるべき仕事を片付ける視界の端には、ぽこぽこと煮立っている鍋があります。

4時間くらい煮込んで、ひとまず完成。


僕が仕事をして、そのわきで時間が料理をする。よいものですね。





最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.