• みずき書林

『この世の景色』――早坂暁エッセイ集

先に少し書いた早坂暁先生のエッセイ集、タイトルを決めました。


『この世の景色』


とします。


収録予定の文章のひとつに「紅く染った女遍路」と題したエッセイがあります。

早坂先生が記憶している一番最初の風景について書かれているのですが、その一節、

「これが、私の最初に見たこの世の景色であった。そして、なんという幸福か。その後の人生で、これに優る美しいものはなかった」

から採りました。

早坂先生の最初の記憶はどんな風景だったのでしょうか。


このエッセイ集は先生の晩年の死生観から、仕事上で出会った人々、若いころの戦争体験や原爆への想い、故郷松山に到るまで、その眼に映ったまさに「この世の景色」が綴られています。

また、かつて出された『夢の景色』という書名とも呼応しています。


シンプルで、よいタイトルになったと思います。


今日は奥様と打ち合わせ。

その直前に、さるお方からとても素敵な「はじめに」の文章が届きました。

愛情にあふれ、勢いがあります。

早坂先生は「傷んだ人間に、駄目な人間にもこよなく優しく、私のあらゆるしくじりの全てを笑い話にしてくれました」とおっしゃる方。


こちらの文章も乞うご期待です!


最新記事

すべて表示

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

初心

次の本の入稿作業。 もう何度も見なおしているゲラなのに。 今頃になって。 前付の台割に修正が生じる。 目次と章題の表記が違っていることに気づく。 いずれも軽微というか――組版担当の方にご面倒をおかけしたものの――対応可能な修正ではあったが。 しかし今の今まで見落としていたことに、われながらうんざりする。 この本がISBNを付した市場流通本としては10冊目で、そろそろ油断が出るころかもしれない。 前

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.