• みずき書林

『なぜ戦争をえがくのか』装丁デザイン


なぜ戦争をえがくのか

の装丁案が出来上がりました。

(細かい部分は変更になる場合があります)



カバーは半透明の紙(トレーシングペーパー)。

そこにタイトルや著者名などの文字情報を印刷します。


表紙には、海と空の写真を4Cで印刷します。

(大川さん撮影の、マーシャル諸島の内海の景色です)

背文字以外は、表紙にも裏表紙にも、いっさい文字は入れません。


カバーを重ねることで、海と空の上に文字が浮かび上がるような仕様になります。

あえて帯は巻きませんが、水平線が、帯のように見えるかもしれません。


ちなみに中央にある図は、マーシャル諸島で昔から使われていた、スティックチャートと呼ばれる海図を図案化したもの。

現地の人びとが航海するときに使った海図で、彼らにだけ読み解くことができ、潮の流れや波のうねり、島の位置が記されているのだとか。



小社が装丁のほとんどをお願いしている宗利淳一さんは、腕が立ちます。



以上、デザイン面でのこだわりもありますが、今回は造本の面でもちょっと凝ったことをしています。

並製(ソフトカバー)なのですが、表紙が本文よりも3ミリずつ大きくなっています。


並製なのにちょっとだけ上製本やフランス装っぽくなっています。

こういう造本はあまりないと思います。


完成したら、内容はもちろんのこと、造本の細部もご覧いただければ。



見返しも青。本文もスミ+青の2色刷りです。