top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『なぜ戦争をえがくのか』装丁デザイン


の装丁案が出来上がりました。

(細かい部分は変更になる場合があります)



カバーは半透明の紙(トレーシングペーパー)。

そこにタイトルや著者名などの文字情報を印刷します。


表紙には、海と空の写真を4Cで印刷します。

(大川さん撮影の、マーシャル諸島の内海の景色です)

背文字以外は、表紙にも裏表紙にも、いっさい文字は入れません。


カバーを重ねることで、海と空の上に文字が浮かび上がるような仕様になります。

あえて帯は巻きませんが、水平線が、帯のように見えるかもしれません。


ちなみに中央にある図は、マーシャル諸島で昔から使われていた、スティックチャートと呼ばれる海図を図案化したもの。

現地の人びとが航海するときに使った海図で、彼らにだけ読み解くことができ、潮の流れや波のうねり、島の位置が記されているのだとか。



小社が装丁のほとんどをお願いしている宗利淳一さんは、腕が立ちます。



以上、デザイン面でのこだわりもありますが、今回は造本の面でもちょっと凝ったことをしています。

並製(ソフトカバー)なのですが、表紙が本文よりも3ミリずつ大きくなっています。


並製なのにちょっとだけ上製本やフランス装っぽくなっています。

こういう造本はあまりないと思います。


完成したら、内容はもちろんのこと、造本の細部もご覧いただければ。



見返しも青。本文もスミ+青の2色刷りです。


最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page