top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

バーチャル「なぜ戦争をえがくのか」展

『なぜ戦争をえがくのか』の特設サイトのなかに、新しいコンテンツを加えました。


バーチャルミュージアムと題して、登場する10組の方々の公式サイトなどにリンクを作っています。



本には一切の図版を入れなかったので、ここでそれぞれのサイトを見て、作品にジャンプしてもらえればと思います。


対面で会えた方と大川さんの写真もちょっとだけ展示してあります。

(諏訪さんのアトリエにかかっている画とか、後藤さんと見ているノートは何かとか、寺尾さんと映っている妙に典雅な場所はどこかとか、本文を読むとより楽しんでいただけるかと)



Twitterで、諏訪敦さんが武田一義さんのtweetにリプライされています。


たとえば武田さんの『ペリリュー』のファンの方が、この本をきっかけに諏訪さんの画を鑑賞したり。諏訪さんの画の愛好者が、『ペリリュー』を手に取ったり。本書「はじめに」で大川さんも書いているとおり、この本から様々な表現者の作品に触れて、いろんな対話やつながりが生まれたらいいな、と思っています。



バーチャルミュージアムには、そんな願いを込めてみました。


オンラインショップ限定の「みずき書林通信」をブックガイドにしたのも、同じような意図から。

最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page