top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

紅茶割り酒が美味しい。


昨年末に新宿ゴールデン街で知った、お酒の紅茶割り。

ブログづてに山田南平先生にお知らせしたところ、とても気に入ってくださいました。


とても飲みやすいです。

ぱかぱかいけます(この記事も、紅茶酒ロックを飲みながら。シナモンスティックでしばらく攪拌すると、グラスを口につけるときにシナモンがふわっと香って、これまた美味しい)。



つまみは、紅茶に合うものなら何でもいけそうです。

たしかに、チョコレートとかビスケットとか合います。

いただきものの蕎麦ぼうろがベストマッチでした。


最近仕事で、横浜でちょっと豪勢なアフターヌーンティーセットを頼むことがあって、(インタビュアーがジップロックを持参してくるという、恐ろしく用意周到な配慮をいただいたのでw)残ったスコーンをこっそり持ち帰ったのですが、とても合いました。

ほろ酔いのアフターヌーンティー、最高です。


山田先生のブログとtweetは以下からどうぞ。


キッチン立ち飲みの雰囲気が実によく伝わってくる、松尾さんとの会話が楽しいです。


クレイジーソルトをひとふりするのがとても美味しそう。

スパイシーになりそうですね。


酒出し紅茶 紅茶焼酎のススメ」は目下、690RT+1000いいね超。

紅茶王子のキャラも登場という豪華イラスト。





黒糖とタピオカ入れて、バイトでイケメン雇って甲冑着せて、荷馬車に積んで売るのはどうか。つまみは遠藤さんに作ってもらう。

一財産築けるかも……。


最新記事

すべて表示

穴子のお寿司だけ

今日書いた原稿より部分的に抜粋。 病気になるのは悲しいけれども、悪いことばかりではない、という話。 * 家の近所に、昔よく通っていた寿司屋がある。ランチのセットが安くて美味しい。休日の昼にたまに妻とふたりで行っては、ランチセットで日本酒を飲んだりした。 今日のお昼は久しぶりにそこのランチをテイクアウトしてきた。僕はもうほとんど食べられないので、一人前だけのテイクアウト。 (ふたりで店に入って一人前

「川の中の大きな岩になること」

山田南平先生が、先日の往復書簡を受けてブログ記事を書いてくださっています。 いつもブログを読んでくださり、ありがたいことです。 堀くんともども、励みになります。 『自省録』と般若心経の共通点について。 二十歳頃に般若心経に出会った山田先生が、それ以来ずっと指針にしてきたというのはちょっとした驚きでした。 首尾一貫したアーティストの人生には、やはり何らかの指針となるものがあるものなのでしょうか。興味

Comments


bottom of page