• みずき書林

非常勤講師の楽しみ

ここ3年ほど、二松学舎大学で非常勤講師をしています。


春セメスターは「編集デザイン論」という名前で、受講生を6~8人程度のグループに分けて、架空の出版社を立ち上げるという授業をしていました。

半年かけて、架空の出版社の社名と企業理念を考え、企画書をひとつ作る、という演習。

今年は受講生が70人とかなり増えたのでオペレーションが難しかったけども、いろんなアイデアが出てきて、やっていて楽しい講義でした。


いまは後期の秋セメ中で、「人文学とコミュニケーション」というなんでもありみたいなタイトルの講義。

こっちは170人いるので、完全な講義形式。むしろラジオの公開録音というか、トークイベント形式。

前半は、


概論―学術出版・ひとり出版とはなにか

出版の歴史(前後編)

出版社の業務1 編集

出版社の業務2 営業

出版社の業務3 運営


といった話をして、いまは後半戦の途中。

後半はさまざまなゲスト講師をお迎えして、インタビュー・対談形式で進めています。

今年の登壇者は、

1.松本智秋さん(『旅をひとさじ』著者)

2.大川史織さん(『マーシャル、父の戦場』『なぜ戦争をえがくのか』編著者)

3.後藤享真さん(コトニ社代表)

4.堀郁夫さん(春陽堂書店編集部)

5.アーヤ藍さん(来年刊行で進行中の企画の著者)

6.宗利淳一さん(装幀家)

というラインナップで、次回はアーヤさんの回。


編集から営業・販促、会社経営から転職活動、ブックデザインまで、さまざまな話題があふれます(だいたい時間が足りなくなります)。


このインタビュー形式の講義は、いろんな話が聞けて、やっているほうもとても楽しい。


とくに後半戦は、学生さんたちも楽しんでくれているのがよくわかる。

最初の講義でいつも言う通り、「あなたたちが学ぶ以上に、ぼくが学ぶ」という場になってます。



それにしても、講義中の写真を撮っておくんだったよな。これは打ち合わせ中(トナカイさん撮影)

こちらは壁新聞制作中(後藤悠樹さん撮影)

最新記事

すべて表示

1週間前、退院。 自宅はすっかり在宅療養仕様。 介護ベッド。 手すり付きのトイレ。 ここをイメージしながら、最後のラスボスとの戦いをイメージする。

こんなにもエントリーの間が空いたことはなく、ご心配とご迷惑をおかけしています。 毎日同じように布団の中で眠っているだけです。だけど今後の治療の大きな方針も立ちました。 まだまだがんばります。 先月先月21-から23日今月まだ、しかかけない。

木曜にケモ。 金曜に4回目ワクチン(オミクロン対応)。 ワクチンの副反応で38度超えの熱が出て、そこに抗がん剤の副作用の倦怠感と吐き気が重なって、かなり辛い。 この週末はずっと病臥。 熱が高いから、文字通りずっとこんこんと眠ってるだけ。20本立てくらいの悪夢を見る。 大事な食事会でポークローストを無惨に焦がしたり、友人たちと丘の上から巨大なキノコ雲を眺めたり、そういった類の大小の悪夢を次々と。 食